【お風呂で着圧レギンス】入浴中に履くといいって本当?

着圧レギンスの効果と注意

今日は忙しかったから簡単に簡単にシャワーだけなんて済ませていませんか?

本気で脚痩せしたいなら入浴は必須なのですが、今回はさらに突っ込んで、

今 ちまたで話題になっている着圧レギンスによる脚痩せの効果を更に得るためには、

お風呂の入浴時にレギンスを履くと効果がUPする!!と言う事についてお話していきますね。

実際に入浴中にレギンスを履くことで効果は上がるものなのか?

お風呂でレギンスを履くと言う行為に意味はあるの?

まずお風呂でレギンスを履いて入浴すると言う行為自体に意味があるのか?

と聞かれればYESと言うのが回答になります。

そもそも湯船につかるだけでも身体には水圧という圧力がかかりますが、その圧力がどれくらいかご存知ですか?

1キロ?10キロ?いやいや100キロの圧力?

まさか100キロとかありえないでしょ!なんて思いませんでしたか?

実は入浴する際、身体全体にかかる圧力は1,000キロ(1トン)を超える圧力を受けています。

実際、1トンの水圧がどの程度かと言うと、

入浴時の平均でウエストが5センチ以上も細くなるくらいだと思っておいて下さい。

それほど水の圧力というのは強いものです。

これに加え、お湯の温度によって身体が温まり、代謝UPでの脂肪燃焼効果が見込めるのですから

本気で脚痩せしたいなら毎日入浴しない手はないでしょ?

ここに更に着圧レギンスで負荷をかけるのですから加圧の効果が上がらないわけがありません。

入浴する際、これをやれば脚痩せ効果は倍増する

脚の太さの原因は、脂肪によるものやむくみによるものがほとんどですが、

これらを解消するにはまず基礎代謝を上げる事が重要です。

そして入浴で得られる効果は、入浴方法によって変わってきます。

半身浴でぬるい風呂に入って汗をかいても脚は細くならない!!

ぬるめのお湯に浸かる「半身浴」は主に汗を出す事やリラックス効果に期待する入浴方法です。
確かに体内から余計な老廃物を出したり、水分を出すので一瞬痩せた気にはなりますが、痩せません。
全体的に痩せる事が目的なら、温度の湯船に短時間出入りを行う「高温反復浴」にはダイエット効果があります。

しかし、今回目的としてるは、下半身!!脚痩せです。

重要なお風呂の温度は40℃~42℃

そして脚痩せに必須なのが「ヒートショックプロテイン入浴法」です。

この方法は40~42℃程の湯船に10~20分浸かると言う方法なのですが、
この際に、着圧レギンスを履いた状態で、太ももを揉んだり、湯船に浸かりながら脚をブルブルと震わせたり
足首を回したり軽い運動をするだけで高温反復浴よりも更に下半身や脚痩せダイエット効果が見込めます。
脚痩せなどの下半身ダイエットが見込めると言う理由
湯船の中で軽い運動をするだけでなんで脚痩せするのか?と言う理由ですが、
着圧レギンスを履いた状態で、湯船の中で簡単な軽い運動をする事で「第三の心臓」ともいわれる脚部も強い圧力をうけますから、当然脚に溜まった老廃物を流して血行をよくしてくれます。

結果的に、血管の運動神経や自律神経を活発にして、血行をうながし、リンパ液等の体液の流れもスムーズにしてくれるのです。

すると、体温は上がり脂肪燃焼効率は飛躍的に上がり、基礎代謝も上がり、基礎体温も上がります。
当然脂肪燃焼が上がるのですから結果的に脚は細くきれいになります。

入浴時に着圧レギンスを履いて脚痩せを実行しよう

 

この投稿をInstagramで見る

 

中村 アンさん(@cocoannne)がシェアした投稿


元々この入浴中にレギンスを履くといいと皆がやりはじめた背景として、女優の中村アンさんが、

入浴中にレギンスを履いているという事をSNSに書き込んだ事から真似る方が増えたとも言われています。

実際、あのスタイルをキープできるなんてスゴイとは思いますが当然これはトレーニングありきのもので

入浴時に着圧レギンスを履いただけで手に入れたわけではありません。

が、入浴時に着圧レギンスを履いてマッサージするだけで、脚痩せ効果があるのは事実です。

あなたも入浴時の着圧レギンスで中村アンさんのようなキレイなスタイルや美脚に近づけるかもしれません。

入浴時専用の着圧レギンスが今話題

入浴時専用のバスレギンスが人気です。

気になる方は公式HPでご確認を。。。。。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました