脚やせ美脚を目指す女性が知っておくべき着圧レギンスの効果

着圧レギンスの効果と注意

ほとんどの女性が感じているといってもいい下半身が太くなってしまうと言う悩み。

「夕方になるとブーツがきつくなる」

「靴下のあとがなかなか消えない」

「足がダルくて毎日の疲れがとれない。」

などは、足のむくみによって足が太くなってしまっている可能性が高いのはご存知かと思います。

しかし、その対策をしている女性はまだまだ少数。

しかし最近になり着圧スパッツや靴下などが次々と販売され、美脚を手に入れる人が増えてきました。

当サイトでは、今話題の着圧スパッツや靴下などの紹介の他にも、むくみによる足の悩みを改善するお手伝いをするサイトですので気になる事はしっかり知識として身につけていってくださいね。

着圧レギンスを購入する際の参考になれば幸いです。

着圧レギンスやスパッツが美脚に必須な訳とは

脚は、体の中で1番むくみやすく疲れやすい部分だと言われています。

その理由は、心臓から遠い位置にあるがゆえに血液やリンパの流れが悪くなってしまい、老廃物や水分が下半身に溜まってしまうからなんです。

むくんだ脚をケアする為には毎日の運動やリンパマッサージなど、大変ではありますが毎日継続してやる事が重要になってきます。

しかし仕事や育児で疲れている中で毎日そんなに時間は裂ない方も多いのではないでしょうか?

しかし、そのままにしておくと更に太く痩せにくい足になってしまう可能性が・・・

というのも、むくんでしまった脚の筋肉は硬くなりやすく、脂肪もつきやすくなってしまうからなのです。

キレイな脚を手に入れるには、むくみやダルさをその日のうちに解消することが大切です。

そのためにも履くだけでむくみを予防できる着圧ソックスや着圧レギンスなどが必須というわけですね。

着圧レギンスが脚痩せやむくみの改善に効果が期待できる理由

元々、着圧レギンスは医療用として使用されており、入院時などの運動が出来ない状態、

またはベッドに寝たきり状態の時に 筋肉の衰えや血行不良などによる足の浮腫み(むく)みなどを抑える目的で使用されていたものなので、むくみや血行促進による体温維持に効果があるのは当然なのです。

しかし近年、女性の社会進出が進み、立ち仕事や座りっぱなしの仕事で足の浮腫(むく)みを気にする女性が増えた事で通常のストッキングやスパッツ、レギンスに加圧機能を追加した着圧レギンスやストッキング、靴下などが足のむくみを取ってくれると話題になり市販された事から人気に火が付きました。

更には、加圧する事で血行の促進を促し、新陳代謝を高め、基礎体温を上げ、痩せやすい身体になる事から、

脚痩せの効果などにも期待できると話題になり現在に至ります。

更にスポーツをする際の加圧トレーニングに利用したり、

ショートパンツなどの重ね履きなどでファッションとしても着圧レギンスをコーディネート出来る事も人気の要因になっています。

むくみの原因

着圧レギンスには足のむくみをとる効果があると言われていますが、そもそも足のむくみが起こる原因をご存知でしょうか?

足のむくみは、毛細血管の血液が正常に心臓に戻れない場合に、毛細血管の圧が上昇して血管の中の水分が外ににじみ出てしまう事でむくみ(浮腫)が生じます。

心臓は全身の血液の循環を調節していますから、当然の事ながら、仮にもし心不全になった場合には全身にむくみ(浮腫)が現れます。

が、それ以外にも足や手の静脈が何等かの原因で詰まった場合も当然、静脈に流れ込む毛細血管の圧が上昇し、静脈の詰まった箇所である足や手だけむくむことになります。

糖尿病などによる腎臓の疾患も同じような原因からむくみを生じます。

これらを改善するには、血液の流れを促進させて、心臓へ血液を送りこむ筋ポンプの働きを促してあげることが必要になってきます。

その役割をしてくれるのが加圧であり、着圧レギンスやソックスを着用する事で、足に程良い圧がかかり筋ポンプの働きを促進できたり血液の流れをよくする効果が期待でき、むくみを改善し予防することができると言うわけですね。

着圧レギンスの効果(女性は特に注意が必要)

 

立ち仕事やデスクワークなどで同じ姿勢をとり続けている女性などは特に全身の血行が悪くなる傾向にあり、さらに重力の影響で身体に不要な水分が下半身にたまりやすく、きつい下着を着けてもその部分の血行が妨げられ、身体の血流がスムーズにいかずに足がむくみやすくなります。

更に生理になると女性ホルモンの分泌量が増えるため、血管が拡張される事で更に足がむくみやすくなると言うわけですね。

このような事からも着圧レギンスは履くだけで圧がかかり、普段通りに過ごすだけでも圧がマッサージと同じ効果を発揮して血行促進に働きかけをしてくれるためとても有効な手段なのです。

着圧レギンスは、履くだけで脚のむくみが解消され、ほっそりと見えるのが一番のメリットだと思いがちですが、実は血行が促進されると代謝も上がるため、動くたびに運動したのと近い効果を得ることができるので、代謝アップにもつながり、痩せやすい身体になるので、結果的に、脚痩せやダイエットにもつながると言う訳ですね。

着圧レギンスは小さいサイズを着用しないことが大事

着圧レギンスを購入する際、足を細く見せたいがゆえに

適正サイズより小さいサイズを着用する方がいらっしゃいますが、逆効果です。

特に「椅子に座る」「しゃがむ」などの姿勢をとった際に、

膝の衣服圧が高くなってしまい血行が逆に悪くなってしまう事がありますので十分に注意してください。

特に最近では強加圧などをメリットとした医療用と同等の着圧機能をもった商品が増えていますが、

あくまでこれらは寝たきりだったり動けない患者さん用に圧力を調整し作られているものなので

通常で使用するのは危険な場合がありますので、通常使用する際は注意しましょう。

着圧レギンスは使用時間をしっかり守る事

また、着圧系商品を取り扱っているメーカーの公式HPでは、

24時間や就寝時など時間帯によって使用する時間を指定している商品がありますが、

これはしっかり使用時間を守っていただく事がとても重要です。

基本的に寝る時用と日中用ではかかる圧力に変化をもたせています。

寝るとき用は、就寝中の血圧の低下を考え、動脈閉塞にならないよう圧をあまりかけず、

ほどよい引き締めをやっているものが多く、逆に日中用は、

気になったらすぐ脱いだり出来るので加圧が強く設計されています。

一日も早く細いキレイな美脚になりたい気持ちはわからなくも無いですが、

一日中ずっと強い圧力をかけ続けるなんて暴挙には出ないように強く推奨します。

更に言えば、メーカーが無責任に24時間着用可能なんて言っていたとしても、

個人一人一人の体型や体質や体調は異なります。

なので着圧インナー全般に言える事ではありますが、寝る時には低加圧のものを着用し、

寝苦しいと感じた場合はすぐに脱ぐ事。

日中も暑さで血流が乱れる事もあるので、少しでも気分が悪いなと思ったらすぐに着用をやめる事。

これらをしっかりと守って、みんなで美しい美脚を手に入れましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました